gf0640065860l親権を得たいけど、調停にはどのような服装で行けばいいのでしょう。

人は見た目の第一印象で、9割を判断すると心理学ではいいます。
その第一印象は、いつまでもその相手の心にとどまってしまうことがあります。
ですので、調停において第一印象が悪いと、全体的な印象を悪く取られてしまい後々困ることになります。

このことから、見た目が悪いと調停全体が不利になってしまう可能性があるのです。
最初の見た目は気をつけるべきです。

調停の格好は、とくに決まりはありません。
どんな格好で行ってもかまわないということです。
ですが、下品でない清潔な格好で行くのが印象は良いです。

男性なら、落ち着いたスーツやポロシャツなどがおすすめです。
派手でなければジーパン・ジーンズも問題ありません。

女性なら、スカートでもズボンでもどちらでも良いです。
スーツや、オフィスカジュアル程度にしたら間違いありません。

調停委員は年配の方が多い傾向ですので、調停委員が見てどうかという視点で考える必要があります。

清潔な指輪やネックレスなら問題ないですが、派手な髪色、ジャラジャラしたネックレスなどの
派手な装飾品は避けたいです。

男性は、ピアスや指輪(結婚指輪は大丈夫)は印象が良くありません。
女性の化粧は、厚化粧は避け少し控えめが印象として良いです。

調停委員に好印象をもたれるように心がけることです。