gf0780078654lアパートやマンションなどの集合住宅で生活をしていると、近隣住民からの騒音で夜眠れなかったり、ノイローゼになるなどの被害を蒙ることがあります。この場合、直接近隣住民に自粛するように依頼したり、マンションやアパートの管理人や管理組合などに相談をするというのが一般的な対策ですが、これらの行動をしても全く改善が見られないという場合には、住宅規約違反による法的手段に訴えるという方法もあります。
法的手段といっても、実際に騒音を辞めさせるというよりは、損害賠償請求をすることで、ペナルティを犯したときには金線の負担をしなければならないということを身をもって知ってもらうという形になります。この場合、その住民が実際に被害を蒙るほどの騒音を出していることを証明しなければなりませんので、音を録音したり、日記をつけたり、騒音が原因による病気にかかったときには病院の診断書をとっておくなど、証拠集めをしなければなりません。訴状の作成も専門的になりますので、まずは弁護士や司法書士のところにいって、どのような証拠を集めればよいのか、実際の手続きの流れはどういったものになるのかなどについて、話を聞いてみると良いでしょう。